【キャンプ】初心者向けの必要な用品の選び方_#1(ざっくり全体編)

アウトドア
▽ステークホルダーリンク▽

 

JUN
JUN

いらっしゃいませ、『元スポーツ用品業界サラリーくま』のJUNです。

トレッキングに続きまして、今回からキャンプ用品の選び方についてお話していきたいと思います。

 

トレッキングのお話はこちら⇩

【トレッキング】登山・トレッキング・ハイキングの違いって?
 JUNいらっしゃいませ、『元スポーツ用品業界サラリーくま』のJUNです。 今回は新シリーズを始めたいと思いまして、テーマは『スポーツ』になります。JUNせっかくスポーツ用品業界にいるいたんでね。。。...

 

 

▽ステークホルダーリンク▽

キャンプの魅力・楽しみ

 

幼いころなら学校や町内会の行事で、もしくは大人になって友人や同僚と、BBQ(バーベキュー)やテント宿泊など何かしらのカタチでキャンプを経験した人も多いのではないでしょうか?

 

日常とは異なる時間、皆でワイワイとテントを設営したり、料理をしたり、虫の鳴き声を聞きながら街中では見えない満天の星空を眺めたり、と日常にはない楽しみがたくさんあってリフレッシュできたり癒されたりしたのではないでしょうか?

 

楽しみ方にルールは無いのでキャンプの楽しみは人の数だけあると思います。

JUN
JUN

私が経験したことがあるのも、まだまだほんの一部ですね。

 

 

キャンプの種類って?

 

必要な道具の話をする前にキャンプの種類(カテゴリー)について少し話したいと思います。

どんな楽しみ方をするかによって必要な道具も全然変わってきますので、自分がしたいキャンプの大まかな種類をまずは見てみましょう。

 

キャンプの種類は大きくは4つに分けられます。

 

デイキャンプ

 

文字通り日中だけ行うキャンプの事です。

個人的にはBBQ(バーベキュー)やピクニックもデイキャンプの楽しみ方の1つという認識で話をしていきます。

 

オートキャンプ

 

言葉の意味的には、オートキャンプ場やキャンピングカーでのキャンプの事を指しますが、個人的に『多人数で宿泊もするキャンプ』と捉えて話をしていきます。

 

JUN
JUN

写真はまんまキャンピングカーですが、テント泊のことも話していきますよ。

 

ソロキャンプ(ツーリングキャンプ)

 

基本的に1人、ないし2人(1+1)という少人数で楽しむキャンプ。

バイクや自転車でツーリング中に行うキャンプ、もしくはキャンプが目的のツーリングも含みます。

 

グランピング

 

一番聞きなれない言葉ではないかと思います(^_^;)

かく言う私もこのカテゴリーにはまだあまり興味を引かれてないのでさらっとしか知らないです、はい。(笑)

 

⇩一応アンケート対象1,000人中、約45%の人は知っていたらしいですね・・・これは以外(笑)

リサーチデータ(2019年)キャンプに関する調査|楽天インサイト
キャンプに関する調査のご案内。自主的に実施しました様々な国内調査を定期的に発信しています。(旧楽天リサーチ)

 

 

グランピングは別名ラグジュアリーキャンプ(luxury camping)といって、これまで挙げたキャンプの種類とは異なり、

『テントを設営しない』、『料理もしない』、何もしないで大自然を楽しみながら、ホテルのようなサービスを受けられる施設を利用したキャンプの事です。

 

JUN
JUN

なので基本的にグランピングに必要な道具は無いです!!(笑)

まあ、テントを建てたり料理をしたりするのもキャンプの楽しみだと思うのですが、道具を用意したくない、手軽で雰囲気を楽しみたい、という人には向いているんじゃないでしょうかね・・・

 

上記の種類とは別に、最近は『ロースタイル』とかスタイル別な見方もありますが、ややこしくなっていくのでここでは割愛しちゃいますね。

 

 

どの種類でも基本的に必要な道具は?

 

グランピングを除いたそれ以外のキャンプで、ある程度共通的に必要な道具を大まかにまとめます。

 

道具説明
テント・タープリビング(日よけ)や寝室として。
ファニチャー(テーブル・チェア)座るだけならレジャーシートでもOK。
クーラー・保冷剤食材や飲み物の保管に。
火器類(バーナー・BBQグリル・焚き火台)料理に使用。焚き火台ならキャンプファイヤーも。
調理器具・カトラリー食器やカトラリーなら紙製や割りばしの選択肢も。
ランタン泊りなら光源の確保として。
シュラフ布団。外気温に適したものを選びましょう。
インナーマット・エアーマット地面の凹凸や冷気を緩和させ快適性を上げるなら。
ゴミ袋(箱)ゴミは持ち帰りましょう。
JUN
JUN

ざっとこんな感じになります。

 

あと補足として、

  • デイキャンプなら中には必要が無いものもあります。
  • 人数によって必要なサイズ・数量が変わります。
  • ソロキャンプだと同じ道具でも、『軽量・コンパクト』が選び方のポイントになります。

 

 

まとめ

  • キャンプの種類によって必要な道具が変わってきます。
  • キャンプの種類(カテゴリー)は大別して4つあります。
  • グランピングなら必要な道具はないです(=ほぼ手ぶら)。
  • 人数に適した道具選びが必要です。
  • 日帰りか泊りかで必要道具の量が大きく変わってきます。

 

JUN
JUN

楽天市場で一度下見してみてはいかがですか?

▽ステークホルダーリンク▽

貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

 

私は楽天経済圏の住人ですが
yahoo経済圏の方はこちらをどうぞ⇩


PayPayモールの公式ページ

 

今回はここまで、

次回はデイキャンプに必要な道具についてもう少し詳しくお話ししたいと思います。

【キャンプ】初心者向けの必要な用品の選び方_#2(デイキャンプ編)
 JUNいらっしゃいませ、『元スポーツ用品業界サラリーくま』のJUNです。 前回、キャンプの種類(カテゴリー)が大きく4つあるお話をしましたが、今回はその中の1つ、『デイキャンプ』用品の選び方についてちょっと...

 

JUN
JUN

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▽ステークホルダーリンク▽

高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

▽ステークホルダーリンク▽

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

▽ステークホルダーリンク▽

A8.netの公式ページ

▽ステークホルダーリンク▽

スキルマーケット【ココナラ】

コメント