【youtube】頭からっぽにして楽しめる!!ゲーム実況youtuberおすすめツートップ

インドア
▽ステークホルダーリンク▽

 

JUN
JUN

いらっしゃいませ、JUNです。

 

突然ですが、皆さんはyoutubeの中で『ゲーム実況』というジャンルはよく見ますでしょうか?

私は見始めてまだ数年と、日が浅いほうなのですが、

今では『頭からっぽにしてリラックスしたい時の手段の1つ‼』にまでなるほど、楽しんでいます。

何でもゲーム実況の先駆けは、2003年『ゲームセンターCX』(出演:よゐこの有野さん)らしく、そこからニコニコ動画やyoutubeなど様々なプラットフォームに広がっていったそうです。

JUN
JUN

見始めて数年のにわかもんの私がおすすめするツートップは、大御所中の大御所なんですけどね…

 

▽ステークホルダーリンク▽

▽ステークホルダーリンク▽

そもそものお話し(※おすすめだけ見たい人は飛ばしてね)

私自身、ゲームをするのが好きです。

JUN
JUN

ゲームウォッチ、初代ファミコン(←コントローラーのABボタン?が四角いゴムのやつ)世代です。

それこそ学生時代はよく友達の家に集まって遊んでました(週末なんか泊りで)。

↑当時はオンライン環境なんてないから、『ゲームする=誰かん家に集まる』なんですよ。

社会人になってからは、ゲーム機(PlayStationシリーズ)自体は購入してましたがプレイ時間はめっきり減っていました。

そして数年前にふと、『久々になんかゲームしたいけど、今面白そーなやつって何があるんだろう?』と、

困ったときのGoogle先生で検索していた時に出会ったのが、youtubeのゲーム実況でした。

JUN
JUN

当初の目的は果たしてないです、はい(笑)

その頃から仕事で長期出張が増え始めたので、出張先でも見るために10inchのタブレットを購入!!

JUN
JUN

スマホはコンパクトタイプだし、仕事用のノートPCで見るのもなんか気乗りしなかったので・・・ええ。

そうまでしてして見たかったのは、『友達の家に集まってゲームするワヤワヤ感』がそこにあり、

その感覚が懐かしくもあり、心地よさもあり、何より楽しめてリラックスできたからなんだと思います。

これからおすすめする2つのチームは、どちらもそんな風に感じられるyoutuberになります。(←もう目次でばればれですが…)

 

▽ステークホルダーリンク▽

Team-2bro

・出典元:2broホームページより

 

PLAY WITH US』、『共遊-KYOUYU トモニアソビ トモニアソベ

をモットーに兄者弟者おついち(敬称略)の3名で活動されています。

『兄者弟者』、『兄ドラッ!』、『おついちTube』と3つのチャンネルがあるのですが、それぞれチャンネル登録者数がなんと256万人、39万人、72万人(2019年5月時点)ととてつもない人数です!!

JUN
JUN

再生回数もすごいっすね~

チャンネルの違い的には、

  • 兄者弟者

→弟者さんメイン(複数人の時は弟者視点をメインに構成される傾向です)

  • 兄ドラッ!

→兄者さんソロメイン(でも兄者弟者の方にもソロ実況があります)

  • おついちTube

→おついちさんソロメイン(複数人の時はおついち視点として上がる時もあります。

といった感じでしょうか。

 

3人とも『声』に特徴・魅力があり、まるで声優など声を仕事にしているプロの人のようです。

ちなみに、動画のエンディングでは声を仕事にしているプロ(→歌手)、

HeatBeat(ハートビートと書いてハービーです)さんのかっこいい歌が流れます。

JUN
JUN

エンディングがしっかり創られてるところがまた凄いですね。

ハービーさんも自身のチャンネルでゲーム実況をしており、おついちさん主催の『ディビ部』(ディビジョンというゲームを一緒にプレイする部活)の部員としても参加されてます。

 

↓こちらがHeartbeatさんのディビ部動画です。(他のゲームもちょいちょい一緒にやってます)

・出典元:youtubeより

 

え~っと、話を戻しまして、

JUN
JUN

実際、弟者さんの動画を初めて見たときには、そのキャラクター(声優)のセリフなのか弟者さんの声なのか途中から区別がつかず、混乱しました(笑)

※キャラクターの声優:大塚明夫さん、アニメだと名探偵コナンの横溝刑事役や攻殻機動隊のバトー役などをされている声優の大御所さんです。

↓こちらが混乱した(笑)、その動画です。それではステンバーイ!!

・出典元:youtubeより

 

JUN
JUN

声優続きで言うと、おついちさんの声も声優の古川登志夫さんの声にそっくりなんですよ。

※古川登志夫さん、ドラゴンボールのピッコロ役やワンピースのエース役など、こちらも声優の大御所さんです。

↓似てるのが分かりやすい動画がこちら

・出典元:youtubeより

※Live配信の動画なので2:00くらいからスタートになります。

 

どうですか?お二人とも声が似てません?

お二人とも求められてるのが分かってらっしゃてて、声まねネタのパフォーマンスを他の動画でもちょくちょくしてくれます。

 

JUN
JUN

兄者さんは「声優の誰々に似てる」という声は聞きませんが、いわゆる『イケボ』でかっこいい声をしています。

幼少時代を弟者さんと共に香港で過ごしたそうで、英語の発音もかっこいいです。

※弟者さん曰く、兄者さんとは残念ながら実の兄弟だそうです(笑)

↓兄者さんのイケボな動画がこちら


・出典元:youtubeより

 

JUN
JUN

個人的には3人でワイワイやってるのが一番好きなので、下記のシリーズなんかおすすめですね。

↓ワイワイ感が楽しめる動画


・出典元:youtubeより

 

この他にも、ゲス4(2bro+メロさん)というユニットでプレイしたり、後述する三人称とのVS動画、ひいてはプロのフォーミュラードライバーとレースゲームをしたりと様々なカタチで『PLAY WITH US』を感じれる動画があります。

 

三人称 -SANNINSHOW-

・出典元:SANNINSHOPホームページより

 

ドンピシャ、ぺちゃんこ、鉄塔(敬称略)の3名で活動されていて、SANNINNSHOW結成前はそれぞれソロで活動されてたそうです。

チャンネル登録者数は36万人(2019年5月時点)とこちらもすごい人数です。

ラジオ的な雑談放送をやろうと企画したのが結成の発端らしく、ゲーム実況以外にも雑談放送の動画?(画面は静止画のままなんでほんとラジオ的な感じ)が週1ペースで公開されています。

JUN
JUN

内容もゲームに限らず広い範囲で雑談なので、ゲーム実況の時とはまた違った面白さがありますよ。

 

↓そんな雑談放送がこちら

・出典元:youtubeより 

 

雑談、ゲーム実況共に2broよりもくだけた雰囲気があり、下ネタなども以前(今も?)は多く、ファンの方から『もうメジャーなんだから少しは自重してくださいね』と諭される場面もありました(笑)

 

↓三人称の代表作と言えるシリーズがこちら

・出典元:youtubeより

マインクラフトシリーズは、再生リスト的には5,6個あり今も更新されています。

JUN
JUN

自由奔放というかなんというか・・・そこがまた面白いんですけど(笑)

あと、タイトルで『三人称+1(2)』と表示されてるときには、

標準さん、えれぷろ先生、といった個性的な準レギュラー(?)も加わりワイワイ感が更に増します。

2broともよくプレイされていて、どちらかに1、2人参加しての3、4人が多いんですが全員揃った時のパワーはまた凄いものがあります。

 

↓2bro & 三人称+1 な動画がこちら


・出典元:youtubeより

 

▽ステークホルダーリンク▽

まとめ

  • 2bro、三人称の動画は理屈抜きに頭からっぽにして楽しめます。
  • ゲーム自体に特段の興味を持ってなくても楽しめます。
  • 世代が近い人は懐かしさも蘇ります。
  • 『PLAY WITH US』

 

2チームのもっとおすすめしたい動画もあるのですが、リンクだらけになってしまうので…失笑

今回はここまでになります。

 

JUN
JUN

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おっと、最後は2bro流に、

JUN
JUN

ほんじゃ、またな!!

 

▽ステークホルダーリンク▽

インドア
▽ステークホルダーリンク▽
JUNをフォローする
▽ステークホルダーリンク▽
junblog ~こころのかたすみに~

コメント