【自律神経失調症】気張らず食生活改善への道_#4(特茶 伊右衛門編)

健康
▽ステークホルダーリンク▽

 

JUN
JUN

いらっしゃいませ、JUNです。

 

今回は『特茶 伊右衛門』についての個人的レビューとなります。

引き続きヘルシアシリーズ以外の、レギュラーメンバー入り候補を探していきたいと思います。

 

前回のお話はこちら↓

【自律神経失調症】気張らず食生活改善への道_#3(大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス+編)
JUN いらっしゃいませ、JUNです。 今回は『大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス+』についての個人的レビューとなります。 ヘルシアシリーズ以外に、レギュラーメンバー入り候補を...

 

▽ステークホルダーリンク▽

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

▽ステークホルダーリンク▽

『伊右衛門』で真っ先に思い浮かぶCM

・出典元:サントリーHPより

次は何を試してみようかと、いつものように『dショッピング』と『楽天市場』でウィンドウショッピングをいていた私の目に飛び込んできたのが、

『サントリー 特茶 伊右衛門』

ふと頭の中ですぐに浮かんできたのが、

宮沢りえさん、本木雅弘さんが演じる『伊右衛門夫妻のCM』でした。

JUN
JUN

特茶は特茶で別のCMがあるんですけどね・・・

私の中では『伊右衛門=伊右衛門夫妻CM』というくらい印象強く記憶に残っていました。

ふと思ったのですが、

JUN
JUN

このCMシリーズずいぶん長く続いてない?

それもそのはず、

伊右衛門が発売された2004年から、ずーーーーーーっと続いている長寿CMだったんです!

 

CMといえば年毎、もしくは季節ごとに出演者が変わるイメージが強いですが、

これほど長く、そして印象度の強いCMというの稀有な存在なのではないでしょうか?

JUN
JUN

すごっ!!

っと感嘆しつつ、またしてもポチリと箱買いする私(笑)

 

▽ステークホルダーリンク▽

A8.netの公式ページ

ケルセチン配糖体の働きにより、脂肪分解酵素を活性化させて体脂肪を減らすのを助ける

・出典元:サントリーHPより

JUN
JUN

ケルセチン???

またまた出ました横文字の聞きなれない成分!(笑)

 

ヘルシアの『茶カテキン』はまあ聞きなれてるし、

カロリミットの『難消化性デキストリン』は食物繊維としてという補足がありましたが・・・

JUN
JUN

端的にいうとケルセチンは『ポリフェノール』の一種なんですね。

ポリフェノールと言われると、まあ聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか?

それで言うと、特茶1本で玉ねぎ換算で約3個分とのこと。

 

また、表示で『体脂肪を減らすのを助ける。』の通り、

脂肪の分解・消費を促進する働きなので、

チーム分けするとヘルシアと同じチームになります。

JUN
JUN

大人のカロリミットは、『食事の糖や脂肪の吸収を抑えます。』なのでまた別のチームですね。

 

特茶 伊右衛門の栄養成分などなど

基本ステータスなど

項目内容
商品名特茶 伊右衛門
販売元サントリー食品インターナショナル 株式会社

特茶 ホームページはこちら

区分特定保健健康食品
関与成分ケルセチン配糖体
配合特許P3896577
許可表示体脂肪を減らすのを助ける。
摂取目安量1日当たり500ml
摂取上の注意多量摂取により疾病が治療したり、より健康が増進するものではありません。
栄養成分表示(500ml当たり)熱量0kcal・たんぱく質0g・脂質0g・炭水化物0g・食塩相当量0.05g・カフェイン90㎎・カテキン:230㎎・関与成分:ケルセチン配糖体(イソクエルシトリンとして)110㎎

 

個人的インプレッションなど

JUN
JUN

苦渋ーー!

これまでが甘めに感じた『大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス』、

やはり初めに感じるのは比較になっちゃいますね(笑)

甘さが全然感じれないわけではなく、

まあ濃いめのお茶といった感じでしょうか。

一般的なお茶として考えると下記の感じです。

 

香りの種類

さっぱり甘い

香りの強さ

弱い 強い

味の種類

渋め甘め

味の強さ(濃さ)

さっぱり濃い

 

▽ステークホルダーリンク▽

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

まとめ

  • チーム分けするなら特茶はヘルシアチームに入ります(今ある体脂肪を減らすのを助ける)
  • 特茶の飲み心地は『濃いめのお茶』といった感じです。(個人の感想)
  • 伊右衛門夫妻CMの長寿さと印象の強さに感服しました!
  • 食生活の改善も、気張らず出来ることから始めてみましょう。
  • 自分が習慣化しやすいものを考えてみましょう。
  • 何事も用法・容量には気を配りましょう。
  • 食事・運動・休息のバランスは重要ですね。

 

今回はここまで、

 

JUN
JUN

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

▽ステークホルダーリンク▽

スキルのフリマ【ココナラ】

健康
▽ステークホルダーリンク▽
JUNをフォローする
▽ステークホルダーリンク▽
junblog ~こころのかたすみに~

コメント